2021年11月17日

確かに「耳目読書術」は優れてはいるが

速読ができるようになりたいときに読む本: 電子書籍で劇的に変わる読書スピード (ユーティリティブックス) - 日本人間関係総合研究所 遠藤 縁吉
速読ができるようになりたいときに読む本: 電子書籍で劇的に変わる読書スピード (ユーティリティブックス) - 日本人間関係総合研究所 遠藤 縁吉


 スマホの読み上げ機能を利用してキンドル本を耳から聴くという方法論。
 確かに素晴らしい方法論だと思います。
 実は私も行ってその成果をこのブログで覚え書きしています。
 今までもプライムリーディングを利用していましたが、最近プライムリーディングを更新せずにキンドルアンリミテッドに加入しました。無料対象が増え、読書量も増えてきたような。しかし、内容が薄い本はいくら読んでも無駄です。興味のある速読関係のキンドルを集中的に読んでるのですが、とんだ一杯食わせ物揃いです。
 本書もこれだけの内容を本にしてお金を取るとは。読み放題でなく定価で買ってたら怒っていたところです。
 本書の発売日は‎ 2019/2/10。
 当時ならまだ読み上げ機能についてあまり知られていなかったので価値はあったのでしょうが、今となっては陳腐化された情報です。私もこの方法をネット上の無料記事から知りました。
 それに何より、これを「速読法」と銘打って売るとは。
 サブタイトルで「耳目読書術」と銘打ってるのだからそちらで勝負するべきだ。
 これなら速読術マニアをタイトルで釣る「速読法詐欺」みたいなもんだ(私も見事引っかかってしまった)。
 しかし「耳目読書術」は確かに有効な方法なので、今まで知らなかった情弱な人にとっては本としてまとまった形で読めるのはいいかもしれない。ということで、本書の内容そのものは有効です。あくまでも読み上げ機能を知らない情弱の人のための入門書というのなら星4つとして認めます。


●ブクログ  https://booklog.jp/item/1/B07NLF4BS8
●読書メーター  https://bookmeter.com/books/13617119

  タグ:速読



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
本は“耳で”聴く時代へ!オーディオブックジェーピー




ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  https://diletanto.hateblo.jp/
万年週末占い研究青年の覚え書き http://iching.seesaa.net/ 
 20世紀少年少女SFクラブ https://sfklubo.net/ 
快眠・早起き朝活・健康生活ブログ http://sfclub.seesaa.net/
posted by うらなり三四郎 at 20:28| Comment(0) | Unlimited | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: