2021年01月26日

地球人類は監視されていた!?巨人たちの星【耳読】


巨人たちの星

   ↑オーディオブック版で聴きました。


 3部作の完結編。第1作・第2作も知的好奇心を刺激する面白い作品でしたが、物語性・ドラマ性という点では少々盛り上がりに欠けるところがありました。
 つまり、前2作は、学問論争の歴史ドキュメントといった感じで地球外生命の調査と遭遇を淡々と描写されていたように思います。
 ところが本作は物語がダイナミックに展開します。何せ宇宙を舞台としたスパイ戦であり陰謀戦であり、ついには宇宙戦争に発展するのですから。
 前2作は本作の舞台背景を説明するための膨大なプロローグだったと言っていいほどです。
 
 前2作は宇宙の生命についてイフの世界を描いていましたが、今作では何と人類の歴史が俎上に載せられます。
 人類は発生時から何者かに監視されていた!古代遺跡や近現代の歴史にも介入の痕跡が認められるんだよ!!
 な……、なんだってえ〜〜〜〜〜!
 で、前2作で提出された驚くべき仮説や解かれなかった謎が本作でスッキリと説明されます。
 作者ホーガンは第1作執筆前から綿密に背景やストーリーを組み立てていたんですね。
 無事伏線が回収されて良かった。
 前2作だけでもすごかったのですが、やはり本作まで読まないと画竜点睛を欠くというもの。
 私は今までホーガンといえばプロレスでしたが、今後はホーガンといえばSFだと思うことにします。

 なお、私は本三部作は、オーディオブックと紙の本を併用して読みました。
 こんな細かい字で分厚い文庫本をいきなり読むのは精神的にしんどい。
 オーディオブックを併用することで読みやすくなります。
 まず耳でオーディオブックを2回聞いた後、該当する紙の本の部分を読んでいきました。
 オーディオブックは森田順平という方の一人語りです。
 さすがプロ、登場するキャラクターごとに声色を変えているのが凄い。
 特に副主人公とも言える頑固な老科学者・ダンチェッカー博士の特徴ある独特の声色が面白い。
 他、美人キャラもそれなりに女声を使われていました。
 オーディオブックジャパンも巨人たちの星シリーズ三部作をオーディオブック化したのは素晴らしいことなのですが、何で三部作の続編『内なる宇宙』はオーディオブック化しないのでしょうか。
 小川榮太郎やら青山繁晴やら有害無益な愛国ポルノ・クズ本などはどうでもいいから、もっと骨のある作品をオーディオブック化してほしいものです。


内なる宇宙〈上〉 (創元SF文庫) - ジェイムズ・P・ホーガン, James P. Hogan, 池 央耿
内なる宇宙〈上〉 (創元SF文庫) - ジェイムズ・P・ホーガン, James P. Hogan, 池 央耿

内なる宇宙〈下〉 (創元SF文庫) - ジェイムズ・P. ホーガン, Hogan,James P., 央耿, 池
内なる宇宙〈下〉 (創元SF文庫) - ジェイムズ・P. ホーガン, Hogan,James P., 央耿, 池

  [wikipedia:森田順平]

  [wikipedia:巨人たちの星]


巨人たちの星

↑オーディオブック版


紙の本版はこちら


少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
 巨人たちの星 ネタバレ感想会
  http://sfclub.sblo.jp/article/188342237.html
  
新学説構築ミステリー!星を継ぐもの【耳読】
  http://sanshirou.seesaa.net/article/469832322.html
生物進化のシミュレーション!ガニメデの優しい巨人【耳読】
  https://sanshirou.seesaa.net/article/471556328.html


●ブクログ  https://booklog.jp/item/1/B00PGNZFFG
●読書メーター  https://bookmeter.com/books/574828
●本が好き! https://www.honzuki.jp/book/31304/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
本は“耳で”聴く時代へ!オーディオブックジェーピー




ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  https://diletanto.hateblo.jp/
万年週末占い研究青年の覚え書き http://iching.seesaa.net/ 
 20世紀少年少女SFクラブ https://sfklubo.net/ 
快眠・早起き朝活・健康生活ブログ http://sfclub.seesaa.net/
posted by うらなり三四郎 at 07:34| Comment(0) | オーディオブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: