2014年10月14日

再連載『三四郎』についてつぶやいた 3週目

あらすじ 9−12
http://t.asahi.com/g5v6



夏目漱石「三四郎」(第九回)二の一
http://t.asahi.com/g3so
http://t.asahi.com/g3wp


 
「世界はかように動揺する。自分はこの動揺を見ている。けれどもそれに加わる事は出来ない。自分の世界と、現実の世界は一つ平面に並んでおりながら、どこも接触していない。そうして現実の世界は、かように動揺して、自分を置き去りにして行ってしまう。甚(はなは)だ不安である。」
 ↑感性が敏感な人はこんな心理に陥ることがよくあるのではないでしょうか。
 しかし、多かれ少なかれ、普通の人でも時々あるのではないでしょうか。
 皆、外面は平気なようで内心を鼓舞していると。
 そう考えれば少しは気が楽になりませんか?


続きを読む
posted by うらなり三四郎 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

再連載『三四郎』についてつぶやいた 2週目

夏目漱石「三四郎」あらすじ 4―8 http://t.asahi.com/g3ik



夏目漱石「三四郎」(第四回)一の四
http://t.asahi.com/g14p
http://t.asahi.com/g14s


 
「そこへ下女が床(とこ)を延べに来る。広い蒲団を一枚しか持って来ないから」
 ↑いわゆるダブルベッドサイズ?日本の布団にもダブルサイズというのはあったのでしょうか?

  
「がらんがらんという音がした。小供に見舞(みやげ)の玩具(おもちゃ)が鳴ったに違ない。」
 ↑齋藤孝先生なら、それを会話の糸口にしろ、と言うでしょう。折角のチャンスをスルーしてしまった。

  
■[自己啓発]「雑談力検定」公式本!?雑談力が上がる話し方
   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20131014/p1


「「あなたはよっぽど度胸のない方(かた)ですね」といって、にやりと笑った。」
 ↑姦通罪もある当時、かなりきわどいセリフでは?当時、批判の声が上がらなかったのだろうか。

 
「あなたはよっぽど度胸のない方(かた)ですね」
 ↑「草食系男子が日本を滅ぼす」論者であり肉食系女子である姫野友美先生なら、
「肉を食べなさい!」と言うかもしれません。


■[健康]無批判な肉食系肯定・草食系否定に−1点
    http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20141004/p1


「あなたはよっぽど度胸のない方(かた)ですね」
 ↑夫も子どももいるので、当時としてはもう“おばちゃん”でしょう。
 法に触れるかもしれないし、度胸があるのはこの女の方です。
 しかし、ここは小説的な脚色があるのでしょう。
 普通の女性なら
「あなたはよっぽどつまらない人ですね」
と言うのではないでしょうか。


「度胸のない」だけならまだマシです。
「つまらない方」と言われたらショックでしょう。

  
 女と三四郎の間には、そもそもほとんど会話が成立していない。
 長い間汽車で一緒になって一晩同宿したにかかわらず。
 女にとっては、話し相手にすらならなかったのです。
 同宿したのが三四郎でなく、汽車に乗っていた爺さんだったとしたらどうでしょう。
 爺さんは体こそ衰えていますが、立派に女の話し相手になっていたことでしょう。


■[日々の冒険]喫茶店で2時間もたない男とはつきあうな!
    http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130610/p1

  
 物語はその後、三四郎の片思いが主要なテーマになります。 
 だから漱石は女に「度胸のない方」と言わせたのでしょう。
 しかし、その後の三四郎の交友関係・人間的成長の面から見ていくと、「つまらない方」と読み替えることもできるのです。

 
 かなり三四郎に対して辛辣な指摘でしたが、実は私は三四郎に自分自身を投影しています。
 私も実りある会話が苦手だし、会話がつまらないと言われたことあります。
 私が私自身を「つまらない奴」と自己否定しているわけです。
「三四郎」を読むと、三四郎の中に自分自身を見て、どうにもいたたまれなくなって赤面してしまうのです。

 
「ただ筋向(すじむこ)うに坐った男が、自分の席に帰る三四郎をちょっと見た。」
 ↑汽車の座席にこだわります。
 この記述では、4人掛けクロスシートで向かい合っているには近すぎるように思えます。
 筋向こうのクロスシートの向かい合う位置にいる、ということなのでしょうか。

 

 


 
「三四郎はこの男に見られた時、何となく極りが悪かった。」
 ↑何かが始まる予感!?三四郎の直観力。広田先生の存在感。

 
「読んでも解らないベーコンの論文集が出た。」
 ↑当時の大学新入生はこんな本持ってたのか。現代人は恥ずかしくないのか……。
 と、私もそんな偉そうなこと言えないのだった。

 
「どうも、ああ狼狽(ろうばい)しちゃ駄目だ。」
「もう少しは仕様があったろう。」

 ↑私もこんな風に後から後悔することがよくあります。

 
「三四郎は急に気を易(か)えて、別の世界の事を思出(おもいだ)した。――」
 ↑落ち込んだ時は別のことを考える。これは鉄則。
 しかし、逃避して根本解決できないという副作用も。時には直視して徹底的に考えることも必要。

 
「すると筋向うにいたさっきの男がまた三四郎の方を見ていた。」
 ↑広田先生はなぜ三四郎を見ていたのでしょうか。偶然?
 それとも、三四郎に何か人をひきつける雰囲気があるのでしょうか?

 
「大きな未来を控えている自分から見ると、何だか下(くだ)らなく感ぜられる。」
「これより先もう発展しそうにもない。」

 ↑ユーモア(笑い)を誘う表現ですが、真面目に受け取ると失礼な表現。
 こんなこと思ってると足元をすくわれます。

 
「男はもう四十だろう。」
 ↑私が作中から受け取ったイメージでは、50くらいかと思ってました。
 果たして正確な年齢は後出するのでしょうか?

続きを読む
posted by うらなり三四郎 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

再連載『三四郎』についてつぶやいた

 とうとう始まった『三四郎』。
 このブログをどう進行させていくか、とにかく試行錯誤で見切り発車していきます。
 しかし朝日新聞デジタルは、同じ記事を複数アップするので困ります。
 他の方がどんな感想を書いているのか気になって読むのですが、アドレスが分散するとコメントも分散するのです。一つにまとめてくれる方が時間も労力も節約できるのに。
 しかもたった1年で記事が削除されるのだから。
 この辺、改善してほしいものです。


夏目漱石「三四郎」あらすじ 1―3  http://t.asahi.com/g0ul


続きを読む
posted by うらなり三四郎 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

朝日新聞再掲 夏目漱石「こころ」を読んで

 朝日新聞で連載中の夏目漱石「こころ」が本日最終回を迎えました。
 新聞連載という形で少しづつ再読する、いい機会となりました。

 
夏目漱石「こころ」 先生の遺書(百十) - 朝日新聞デジタル
   http://t.asahi.com/fwvo
特集・連載>夏目漱石「こころ」
   http://t.asahi.com/eizw

 
物語は唐突に終わりを迎えます。その後の展開はどうだったのでしょうか。
「先生」はどのような最後を迎えたのでしょうか。
 語り手の「私」は、その後どうなったのでしょうか。
「私」と「先生の奥さん」のその後の関係は?
「先生」からの手紙は、「私」が秘密として持ち続けたのでしょうか。

 
その後の展開を考えると、どう考えても蛇足のような気がしないでもない。
書かぬが花、というところでしょうか。
今まで、この物語のその後の展開について、議論されたことはあったのでしょうか?

 
しかし、物語の最初に、「先生」が海に連れてきた西洋人とは、一体何者だったのでしょうか。「先生」とどんなつながりがあったのでしょうか。
■[名作文学]朝日新聞再掲 夏目漱石「こころ」を読んで
 http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140925/p1

 

 さて、10月からは私が一番好きな漱石作品『三四郎』が始まります。
 この作品については以前から色々思うところあったのです。
 これは読まねば!
 そして、このブログも再開しなくては!
posted by うらなり三四郎 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

めっちゃ、ムカつく!このオッサン

今回の試練はこの部分です。
  http://www.servicemall.jp/sokudoku/BN/s/0190007.html  
    ?   ∞   !
続きを読む
posted by うらなり三四郎 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

女は再び戻って来る

今回の試練はこの部分です。
  http://www.servicemall.jp/sokudoku/BN/s/0190006.html

続きを読む
posted by うらなり三四郎 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

列車便所から電車のトイレに

http://www.servicemall.jp/sokudoku/BN/s/0190006.html
     ○  
 邪魔者のじいさんがいなくなってようやく女性と二人きりになった三四郎。 何をするかと思えば、何と一人で弁当を食い始めます。
 このことについて前回も書いていました。
     ○   
三四郎はなぜ一人で駅弁を食べるのか
  http://sanshirou.seesaa.net/article/88523838.html
     ○   
 この時とは違った視点から突っ込んでみたいと思います。
   続きを読む
posted by うらなり三四郎 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする