2008年03月23日

『三四郎の乗った汽車』

 現在、メルマガ『三四郎』な人生論
  http://sanshirou.seesaa.net/
において、夏目漱石の『三四郎』を読んでいる。

『三四郎』では冒頭、九州から上京する三四郎が汽車に乗っているシーンが続く。
 その汽車が一体どんなものだったのか、例えば、座席は対面4人がけシートなのか、横長シートなのか、はたまた個室になっているのか、非常に気になった。
 この当時の汽車について詳しく知りたい、と思っていたら、それらしきタイトルの本が目に入った。
『三四郎の乗った汽車』



 
続きを読む
posted by うらなり三四郎 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(2) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

常に何かから遅れている。あるいは、もはや手遅れになってしまって

 武田信明『三四郎の乗った汽車』(教育出版)について。
  



 この本は、『三四郎』の作品論について書いたものではなく、日本の明治維新後の文明開化期について書いたものです。
  
第三章 三四郎の乗った汽車
については、作品論に関する記述があって興味深いので、以下のページで覚え書きしておきました。
  http://sanshirou.seesaa.net/article/90598052.html
  
第四章 「学校」の「時間」
 についても、冒頭で、『三四郎』を読む上で非常に重要かと思われる指摘がされているので、ここにメモしておきます。
 
  
続きを読む
posted by うらなり三四郎 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 参考図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする