2014年12月08日

『三四郎』読書マラソン 11週目

夏目漱石「三四郎」あらすじ 47−51
http://t.asahi.com/gqqz



夏目漱石「三四郎」(第四十七回)五の二
http://t.asahi.com/golj
http://t.asahi.com/gopz


 
「死んだ兄さんが広田先生とは大変仲善(なかよし)だったそうです。」
 ↑美禰子さんの長兄も父母も亡くなっているようです。
 それでいて生活に苦労していないようで、一体どんな家庭環境なんでしょうか。
 三四郎でなくても知りたくなってきます。
 それにしても、早くに両親を亡くしているためか、美禰子さんは非常にしっかりして大人びています。

 続きを読む
タグ:三四郎
posted by うらなり三四郎 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

『三四郎』読書マラソン 12週目

夏目漱石「三四郎」あらすじ 52−55
http://t.asahi.com/gtae



夏目漱石「三四郎」(第五十二回)五の七
http://t.asahi.com/gri5
http://t.asahi.com/grmz


 
「黒い眼をさも物憂(ものう)そうに三四郎の額(ひたい)の上に据(す)えた。その時三四郎は美禰子の二重瞼(ふたえまぶた)に不可思議なある意味を認めた。その意味のうちには、霊の疲れがある。肉の弛(ゆる)みがある。苦痛に近き訴えがある。」
 ↑私は今まで、美禰子さんが三四郎を誘ったのだと思っていました。
 今回読んでみて、野々宮教授に何か思うところがあって切れて暴走したところに、三四郎が take advantage of したのかなとも思いました。
 ここら辺、色々な解釈ができて諸説が紛々しそうです。

 
 ↑私が三四郎ならどうするか。二人きりになってもチャンスを生かせそうにない。むしろ下手な言動をして軽蔑されそう。
 私なら同行者に伝えるのが最適だろう。まるで小学生が引率の先生に告げ口してるような。情けない。

 続きを読む
タグ:三四郎
posted by うらなり三四郎 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする