2019年09月06日

星を継ぐもの【耳読】


星を継ぐもの

   ↑オーディオブック版で聴きました。


 新学説構築ミステリー。
 本作品を読むと、学問することの必要性を実感します。
 月で発見された不可解に思える死体とそれに続く数々の発見。
 どう説明がつくのか、科学者達の議論が始まります。
 本作品では物語的な事件は起こらず、ほとんど学説の議論中心で進展します。
 素材となるものは全て提示されています。
 読者は議論する学者の一人となって、主人公のヴィクター・ハント博士より先に新説を思いつくことができるでしょうか!?
  
 科学者達は我々とは全く違う文明の解明をしていきます。
 言語体系を解明して言語を翻訳。
 円周率πや自然対数の底eなどの物理定数は不変です。
 生化学や生物学の知識も総動員です。
 なるほど学問とはこんな風に役に立つものなんですね。
 高校生が
「なぜ勉強するのですか。受験のためですか」
と問えば、本書を読ませればいいでしょう。
「宇宙人の死体が発見された時に正体を解明するためだ」
と。
  
 一方、個人の立身出世のためにも学問は必要だと思わされます。
 主人公のハント博士は学問に秀でることで世に出た方です。
 その学問は実用的で、言い換えれば商業化・産学共同に秀でているので、民間企業に就職しても比較的自由な立場で行動することができます。挙句の果てには国連宇宙軍にヘッドハンティングされます。
 学問を身につけるといいことだらけですね。
 そして、エピローグでは悪い意味での典型的な学者”が描かれています。こんなタイプになっては駄目ですね。
  
 さて、本書において最終的に導かれた結論は、現代の科学から見てどうなんでしょうか。現代科学の分野からの検討をして頂きたい。
 これほどのスケールの大きな世界観を描きながら、本書は文庫本1冊に収まっています。最近の超大作は分厚い単行本何分冊とか、文庫本でも分厚いのが何冊にも及ぶものが多い中、これだけコンパクトに収まっているのはありがたいことです。
 まあ続編が続くようですが。
 今後どうなるのか気になるので続編も読んでみようと思います。
  
星を継ぐもの

   ↑オーディオブック版


紙の本版はこちら



  [wikipedia:星を継ぐもの]
  [wikipedia:ジェイムズ・P・ホーガン]
  [wikipedia:ハードSF]


ブクログ
  https://booklog.jp/item/1/448866301X
  https://booklog.jp/item/1/B00PGNZFD8
読書メーター https://bookmeter.com/books/574954
本が好き! https://www.honzuki.jp/book/10751/


【大森望】今夜読みたいSF
<4>5万年のアリバイ崩し【星を継ぐもの】
  https://www.nishinippon.co.jp/item/n/174424
SF小説「星を継ぐもの」が紛れもない史上最高傑作である理由。【GW推薦図書】
  https://blog.tinect.jp/?p=39363
|ホンシェルジュ
小説『星を継ぐもの』を5分でネタバレ!チャーリー、巨人コリエルの正体は?
  https://honcierge.jp/articles/shelf_story/7399



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
本は“耳で”聴く時代へ!オーディオブックのFeBe(フィービー)




ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  https://diletanto.hateblo.jp/
万年週末占い研究青年の覚え書き http://iching.seesaa.net/ 
 20世紀少年少女SFクラブ https://sfklubo.net/ 
快眠・早起き朝活・健康生活ブログ http://sfclub.seesaa.net/
posted by うらなり三四郎 at 21:06| Comment(0) | オーディオブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: