2018年02月26日

株式会社タイムカプセル社 十年前からやってきた使者 喜多川泰【耳読】


   ↑FeBeのオーディオブック版で聴きました。




 手紙を預かって指定された年数後に届けるという会社の話。
(なかなかのアイディア商売で現実にありそうと思って検索すると、似たような名前の会社が実際に存在しています。)
 中学校の卒業式に10年後の自分に手紙を書いても、事情があって受け取りを拒否する人がいて、そんな人に確実に手紙を届けるというのが本書のストーリー。
 本人が受け取りを拒否しているのだから無理に渡さなくてもいいのにと思うのですが、無理に渡して人生を変えるというのがこの小説の読みどころです。
 現実には余計なお節介であり、そううまくいかないだろうとは思いますが、そこは小説であり、感動的です。
 無理に渡して手紙を読んでも何も感じない人もいますが、それは
「本気で書いていないから」
だと。
 もし本気で書いていたのなら、自分を感動させ変えさせる力があると。
 これは痛いところを突かれました。
 実は私も中学生の頃に学校の授業で未来の自分にあてた手紙を書かされたことあります。
 その時は未来のことを真剣に考えていなかったので適当に書きました。
 その後精神を病んで精神も状況も対人関係も悪化に次ぐ悪化の悪化。
 あの手紙は確か世紀の変わり目に届くとかいう話で、あんなふざけた手紙が届いたら一読して破り捨ててやろうと思っていたら結局届きませんでした。
 まあ将来のことを真剣に考えていなかったところが自分の隙であり、その隙間から精神の病が入って来たのでしょう。
 私が精神を病んだのは色々の要因があるのですが、その一つには、1999年7の月の人類滅亡を本気で信じていたこともあります。
 どうせ1999年に人類が滅亡するのなら何をしても同じことだと虚無に陥り、その隙間から精神の病が入ってきました。
 こういうオカルトを本気で信じるところやマイナス思考・最悪思考のところがまた精神を病んでいる証拠でもあります。


株式会社タイムカプセル社 FeBeのオーディオブック版



紙の本版はこちら


  [wikipedia:喜多川泰]


ブクログ https://booklog.jp/item/1/4799318152
読書メーター https://bookmeter.com/books/9993102
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
本は“耳で”聴く時代へ!オーディオブックのFeBe(フィービー)



ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/
万年週末占い研究青年の覚え書き http://iching.seesaa.net/ 
 20世紀少年少女SFクラブ http://sfclub.sakura.ne.jp/  
快眠・早起き朝活・健康生活ブログ http://sfclub.seesaa.net/
posted by うらなり三四郎 at 20:44| Comment(0) | オーディオブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。