2014年12月22日

『三四郎』読書マラソン 13週目

夏目漱石「三四郎」あらすじ 56−60
http://t.asahi.com/gvs5



夏目漱石「三四郎」(第五十六回)六の一
http://t.asahi.com/gtjw
http://t.asahi.com/gtov



「その一人が一人に向って、〜〜〜というと、一人が〜〜〜と唄っていた。」
↑この2人は打てば響く応ずる関係。
 三四郎の場合、誰かに打たれても応じられないことが多いように思います。
 実は私も応じるのが苦手です。今まで数少ない打ってくれた人にすまないと思います。
 今後私にこのような人間関係が築けるのでしょうか。


「標題に大きな活字で「偉大なる暗闇(くらやみ)」とある。下には零余子(れいよし)と雅号を使っている。」
 ↑与次郎の活字デビュー!インターネットで誰でも文章を発表できるようになる前、自分の文章が活字になるというのはすごいことでした。私もいつかは私の文章が活字になればと夢見たものです。で、ブログやツイッターでの反応のなさを見て、実力不足を知ったのです。


「こうして輿論(よろん)を喚起して置いてね。そうして、先生が大学へ這入(はい)れる下地を作る……」
 ↑大風呂敷を広げたぞ。実現した夢は何でも最初は法螺だったのだ。その意気込みや良し。


「いや無勢力だから、実は困る」
「まあ好(い)いさ。書かんより増しだ」

 ↑私・荒馬紹介が論陣を張って輿論を喚起しようと思っても、吾がブログは無勢力だから、実は困る。
 まあ好いさ。書かんより増しだ。


 
夏目漱石「三四郎」(第五十七回)六の二
http://t.asahi.com/gtxr
http://t.asahi.com/gu0c



「文壇は急転直下の勢(いきおい)で目覚(めざま)しい革命を受けている。凡(すべ)てが悉(ことごと)く揺(うご)いて、新気運に向って行くんだから、取り残されちゃ大変だ。進んで自分からこの気運を拵(こしら)え上げなくちゃ、生きてる甲斐(かい)はない。」
 ↑そうだ、そうだ。現在の日本も戦後民主主義の崩壊から再軍備へと目覚ましく悉く動いている。見過ごしては大変だ。進んで護憲の気運をこしらえ輿論を喚起しなくては……。
 とはいえ、吾がブログは無勢力だから、実は困る。
 まあ好いさ。書かんより増しだ。


「偉大なる暗闇という題が面白いだろう。この題なら人が驚ろくに極(きま)っている。――驚ろかせないと読まないから駄目だ」
 ↑なかなかテクニックに長ける与次郎。コピーライターや雑誌記者に適性がある?!


夏目漱石「三四郎」(第五十八回)六の三
http://t.asahi.com/gu8g
http://t.asahi.com/gu9t



「イソップにもないような滑稽(こっけい)趣味がある。無邪気にも見える。洒落(しゃらく)でもある。」
 ↑美禰子さんのこういった特色、与次郎と共通点があるように思います。
 この2人の相性はどうなんでしょうか。


「しかし次の瞬間に、何を読んだかと考えて見ると、何にもない。可笑(おか)しい位何にもない。ただ大いにかつ熾(さかん)に読んだ気がする。」
「色々面白い句が沢山ある。しかしそれより外(ほか)に何にもない。」
 ↑つまりお笑い向き?今の世なら売れるでしょうか?





「(与次郎の文章は)自分の心を探って見てどこかに不満足があるように覚えた。」
「するとこっち(美禰子の絵葉書)のほうは万事が快感である。」

 ↑文は人を表す。三四郎から見ると、与次郎と美禰子さんは違うようです。となれば、相性も悪い?
 ただ、三四郎の偏見を割り引かねばなりません。


「あの女は落ち付いていて、乱暴だ」と広田がいった。
「ええ乱暴です。イブセンの女のような所がある」

 ↑このお二方、結構他人を見る観察力がある!?


「里見のは乱暴の内訌(ないこう)ですか」
 ↑「内訌」とは、「内部の乱れ。内部の騒ぎ。うちわもめ。内紛。」らしい。
 意味が分かりません。尚、旺文社文庫の注釈では、
「外見はやさしそうであるが、心はあらあらしいこと」とあります。


夏目漱石「三四郎」(第六十回)六の五
http://t.asahi.com/guzn
http://t.asahi.com/gv4y



イプセンに絡めて恋愛談義。さすがこの当時の東大生は格調高い。
私はイプセンを読んだことないのです。やはり読まないとこの部分は本当に理解できないでしょうね。


「どうせ今は準備時代だ。」
 ↑イタズラ好きな子どもがそのまま大きくなったような感じ。
 こういった行為にわくわく心を感じるのも、私がまだ子どもだから?





 
ありゃま商会 の回覧板 『三四郎』読書会
   http://yorodzu.seesaa.net/category/23605653-1.html
「三四郎」特設ページ http://www.asahi.com/special/soseki/
「こころ」特設ページ http://www.asahi.com/special/soseki/kokoro/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/
  ありゃま商会 の回覧板 http://yorodzu.seesaa.net/ 
 20世紀少年少女SFクラブ http://sfclub.sakura.ne.jp/  
ラベル:三四郎
posted by うらなり三四郎 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック