2014年12月01日

『三四郎』読書マラソン 10週目

夏目漱石「三四郎」あらすじ 42−46
http://t.asahi.com/go6c



夏目漱石「三四郎」(第四十二回)四の十四
http://t.asahi.com/glqn
http://t.asahi.com/glwp


 
「今これを売って株でも買って置くと儲(もう)かるんだが、仕方がない」
 ↑当時は本を売ると高く買ってくれたのでしょうか。
 今は本を売っても株なんか買えません。

 
「三四郎と美禰子は顔を見合せて笑った。」
 ↑私はこの、顔を見合わせるということができないのです。
 視線恐怖症なので目を合わすことができない。
 人の目を見ることができるようにすることから始めないと。

 
「三四郎は詩の本をひねくり出した。美禰子は大きな画帖(がじょう)を膝(ひざ)の上に開いた。」
 ↑広田先生は詩や美術にも造詣深いんですね。市井のディレッタントだ。

 
「三人は首を鳩(あつ)めて画帖を一枚ごとに繰って行った。色々な批評が出る。みんな好加減(いいかげん)である。」
 ↑私は子どもの頃からこういった、仲間と合評するということに飢えています。
 仲間がいない私には得ることができなかった経験。
 こういったシーンが挿入されているということも、私が『三四郎』を愛読する所以です。

 
「美禰子も尾(つ)いて出た。」
 ↑着替えを手伝うのでしょうか。非常に気が利きますね。
 これは、生まれつきなのでしょうか、それとも、女の作法として教わったものなのでしょうか。

 
 
(第四十三回)四の十五
http://t.asahi.com/gm4k
http://t.asahi.com/gma3



「大変大きなものですね。車夫でも連れて来たんですか。ついでに、少しの間(あいだ)置いて働かせればいいのに」
「車夫は今日は使(つかい)に出ました。女だってこの位なものは持てますわ」

 ↑私はアドリブでこんな気の利いたやりとりはできません。
 社会に復帰して参加するためにはできるように努力しないといけませんね。


「三四郎は敬服した。」
 ↑私も敬服しました。やはり私は三四郎に似ています。ただ、室内引きこもりのため色は白いのです。

 
(第四十四回)四の十六
http://t.asahi.com/gml9
http://t.asahi.com/gmmk


 
「Pity’s akin to love」
 ↑私も分からないので調べました。
「be akin to」で「似ている・近い」という意味のようです。
  http://ejje.weblio.jp/content/be+akin+to
「pity」は「憐れみ・同情」
  http://ejje.weblio.jp/content/pity
「is」を省略形にするのでややこしくなりますね。

 
「三四郎は野々宮君の態度と視線とを注意せずにはいられなかった。」
 ↑遥かに及ばない野々宮教授をライバル視。考え直した方が楽になるのでは?


(第四十五回)四の十七
http://t.asahi.com/gn0o
http://t.asahi.com/gn12



「何しろ子供だから、僕が始終(しじゅう)行けるか、向うが始終来られる所でないと困るんです」
 ↑よし子さんも子どもっぽくて結構わがまま。
 美禰子さんと同年輩だと思ってたのですが、一体何歳くらいなんでしょうか。
 この兄と妹の関係は一般的なんでしょうか。





「野々宮を尋ねて来た訳でもない。尋ねない訳でもない。何で来たか三四郎にも実は分らないのである。」
 ↑これは相当重症です。
 読者である私は、現実社会でこのような悲惨な行動を起こさないように、『三四郎』を読んでコミュニケーションについてよく考えてみるのです。






  
ありゃま商会 の回覧板 『三四郎』読書会
   http://yorodzu.seesaa.net/category/23605653-1.html
「三四郎」特設ページ http://www.asahi.com/special/soseki/
「こころ」特設ページ http://www.asahi.com/special/soseki/kokoro/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/
  ありゃま商会 の回覧板 http://yorodzu.seesaa.net/ 
 20世紀少年少女SFクラブ http://sfclub.sakura.ne.jp/  
タグ:三四郎
posted by うらなり三四郎 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409908668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック