2014年11月17日

『三四郎』読書マラソン 8週目

夏目漱石「三四郎」あらすじ 32−36
http://t.asahi.com/gipl


 
夏目漱石「三四郎」(第三十二回)四の四
http://t.asahi.com/ggb0
http://t.asahi.com/ggbv


 
「君なぞは自分の坐(すわ)っている周囲方(ほう)二尺位の所をぼんやり照らすだけだから、丸行燈(まるあんどう)のようなものだ」
 ↑周囲をぼんやり照らしているだけでもすごいことです。私なんか自分自身がブラックホールや黒色矮星なんではないかと思ってるくらいです。
 今後、私にも周囲を照らすことができるようになるのでしょうか?

 
「小川君、君は明治何年生れかな」と聞いた。三四郎は単簡(たんかん)に、
「僕は二十三だ」と答えた。

 ↑明治23年生まれというわけでなく、年齢で答える。生年を聞かれて年齢で答えるのは先回りしたのか、ちぐはぐなのか。
 生年・年齢については4週目で書きました。
   http://sanshirou.seesaa.net/article/407457622.html


「二つ並べて見ると実に馬鹿気(ばかげ)ている。けれども誰も気が付かない、平気でいる。これが日本の社会を代表しているんだという。」
 ↑バランスが悪いとか統一感がないといった悪い意味で言ってるのでしょう。
 しかし、新しいものと古いものが違和感なく共存している、といういい意味でもあり得ます。
 要は、いい意味での共存ならいいのではないでしょうか。
 例えば、国際化とヘイトの共存などは真っ平ごめんです。


「三四郎は近来にない気楽な半日を暮したように感じた。」
 ↑与次郎や広田先生はいい道連れですね。
 こんな人になりたいものです。
 

 



「どうして学校を休んだかと聞くと、貸家探しで学校どころじゃないそうである。」
 ↑当時は不動産屋がなく、直接探していたのだろうか。今ではネットでも検索できるから、便利なものですね。
 ↑それにしても、「学校を休んだ」「学校どころ」だと、有難味が薄れる。
「大学を休んだ」「大学どころ」とすれば、印象がガラリと変わる……と思いませんか?


「可哀(かわい)そうにまだ色光沢(いろつや)が悪い。――辣薑性(らっきょうせい)の美人――御母(おっか)さんが君に宜(よろ)しくいってくれってことだ。」
 ↑中に唐突に「辣薑性の美人」というフレーズが出てきますが、これは文法上、どんな構造になっているのでしょうか?
 少々おかしな構造です。校正間違いではないでしょうか?

 



「名は萇(ちょう)」
 ↑その名は広田萇先生。いわゆるひとつのチョーさんです。


「先生、僕の事を丸行燈(まるあんどう)だといったが、夫子(ふうし)自身は偉大な暗闇(くらやみ)だ」
「そんな瑣末(さまつ)な事はとにかく、これから大(おおい)に活動して、先生を一つ大学教授にして遣ろうと思う」

 ↑大言爽快な与次郎節を堪能の回。もし与次郎が現代に生きていたら、名コメンテーターとして活躍したことでしょう。

 


 
「その上家(うち)と家との今までの関係もある事だから、そうしたら双方とも都合が好(い)いだろうと」
 ↑いわゆるいいなづけの関係?昔はこんな風に結婚が決まっていったのでしょう。
 人の移動が激しくなり、自由恋愛や婚姻の合意の時代となって、結婚の仕組みも大きく変わりました。
 結婚強者と結婚弱者の格差が激しくなったのもその一つ。
 草食系シャイマンにとって現代は結婚が困難な時代なんです。

 



「三四郎には三つの世界が出来た。」
 ↑今回は非常に象徴的で哲学的で人生論な回。
 今回の内容について語り合うのも人生にとって有意義なことではないかと。
 ↑私はシャイマンだから、始めから第三の世界はあきらめていました。第二の世界に入りたかったけど入れなかった。第一の世界からは追放されて戻れない。第四・バーチャル(仮想・電子)な世界であるネットの世界でも仲間外れである。
 私には居場所がない。たった一人の世界に取り残されている。


閑古鳥達の宴席
 133.三四郎と四つ目の世界
  http://www3.ezbbs.net/cgi/bbs?id=nisihara&dd=37&p=1


  
ありゃま商会 の回覧板 『三四郎』読書会
   http://yorodzu.seesaa.net/category/23605653-1.html
「三四郎」特設ページ http://www.asahi.com/special/soseki/
「こころ」特設ページ http://www.asahi.com/special/soseki/kokoro/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/
  ありゃま商会 の回覧板 http://yorodzu.seesaa.net/ 
 20世紀少年少女SFクラブ http://sfclub.sakura.ne.jp/  
ラベル:三四郎
posted by うらなり三四郎 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック