2014年09月25日

朝日新聞再掲 夏目漱石「こころ」を読んで

 朝日新聞で連載中の夏目漱石「こころ」が本日最終回を迎えました。
 新聞連載という形で少しづつ再読する、いい機会となりました。

 
夏目漱石「こころ」 先生の遺書(百十) - 朝日新聞デジタル
   http://t.asahi.com/fwvo
特集・連載>夏目漱石「こころ」
   http://t.asahi.com/eizw

 
物語は唐突に終わりを迎えます。その後の展開はどうだったのでしょうか。
「先生」はどのような最後を迎えたのでしょうか。
 語り手の「私」は、その後どうなったのでしょうか。
「私」と「先生の奥さん」のその後の関係は?
「先生」からの手紙は、「私」が秘密として持ち続けたのでしょうか。

 
その後の展開を考えると、どう考えても蛇足のような気がしないでもない。
書かぬが花、というところでしょうか。
今まで、この物語のその後の展開について、議論されたことはあったのでしょうか?

 
しかし、物語の最初に、「先生」が海に連れてきた西洋人とは、一体何者だったのでしょうか。「先生」とどんなつながりがあったのでしょうか。
■[名作文学]朝日新聞再掲 夏目漱石「こころ」を読んで
 http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140925/p1

 

 さて、10月からは私が一番好きな漱石作品『三四郎』が始まります。
 この作品については以前から色々思うところあったのです。
 これは読まねば!
 そして、このブログも再開しなくては!
【関連する記事】
posted by うらなり三四郎 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406025481
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック