2014年12月01日

『三四郎』読書マラソン 10週目

夏目漱石「三四郎」あらすじ 42−46
http://t.asahi.com/go6c



夏目漱石「三四郎」(第四十二回)四の十四
http://t.asahi.com/glqn
http://t.asahi.com/glwp


 
「今これを売って株でも買って置くと儲(もう)かるんだが、仕方がない」
 ↑当時は本を売ると高く買ってくれたのでしょうか。
 今は本を売っても株なんか買えません。

 
「三四郎と美禰子は顔を見合せて笑った。」
 ↑私はこの、顔を見合わせるということができないのです。
 視線恐怖症なので目を合わすことができない。
 人の目を見ることができるようにすることから始めないと。

 
「三四郎は詩の本をひねくり出した。美禰子は大きな画帖(がじょう)を膝(ひざ)の上に開いた。」
 ↑広田先生は詩や美術にも造詣深いんですね。市井のディレッタントだ。

 
「三人は首を鳩(あつ)めて画帖を一枚ごとに繰って行った。色々な批評が出る。みんな好加減(いいかげん)である。」
 ↑私は子どもの頃からこういった、仲間と合評するということに飢えています。
 仲間がいない私には得ることができなかった経験。
 こういったシーンが挿入されているということも、私が『三四郎』を愛読する所以です。

 
「美禰子も尾(つ)いて出た。」
 ↑着替えを手伝うのでしょうか。非常に気が利きますね。
 これは、生まれつきなのでしょうか、それとも、女の作法として教わったものなのでしょうか。

 続きを読む
タグ:三四郎
posted by うらなり三四郎 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

『三四郎』読書マラソン 11週目

夏目漱石「三四郎」あらすじ 47−51
http://t.asahi.com/gqqz



夏目漱石「三四郎」(第四十七回)五の二
http://t.asahi.com/golj
http://t.asahi.com/gopz


 
「死んだ兄さんが広田先生とは大変仲善(なかよし)だったそうです。」
 ↑美禰子さんの長兄も父母も亡くなっているようです。
 それでいて生活に苦労していないようで、一体どんな家庭環境なんでしょうか。
 三四郎でなくても知りたくなってきます。
 それにしても、早くに両親を亡くしているためか、美禰子さんは非常にしっかりして大人びています。

 続きを読む
タグ:三四郎
posted by うらなり三四郎 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

『三四郎』読書マラソン 12週目

夏目漱石「三四郎」あらすじ 52−55
http://t.asahi.com/gtae



夏目漱石「三四郎」(第五十二回)五の七
http://t.asahi.com/gri5
http://t.asahi.com/grmz


 
「黒い眼をさも物憂(ものう)そうに三四郎の額(ひたい)の上に据(す)えた。その時三四郎は美禰子の二重瞼(ふたえまぶた)に不可思議なある意味を認めた。その意味のうちには、霊の疲れがある。肉の弛(ゆる)みがある。苦痛に近き訴えがある。」
 ↑私は今まで、美禰子さんが三四郎を誘ったのだと思っていました。
 今回読んでみて、野々宮教授に何か思うところがあって切れて暴走したところに、三四郎が take advantage of したのかなとも思いました。
 ここら辺、色々な解釈ができて諸説が紛々しそうです。

 
 ↑私が三四郎ならどうするか。二人きりになってもチャンスを生かせそうにない。むしろ下手な言動をして軽蔑されそう。
 私なら同行者に伝えるのが最適だろう。まるで小学生が引率の先生に告げ口してるような。情けない。

 続きを読む
タグ:三四郎
posted by うらなり三四郎 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

『三四郎』読書マラソン 13週目

夏目漱石「三四郎」あらすじ 56−60
http://t.asahi.com/gvs5



夏目漱石「三四郎」(第五十六回)六の一
http://t.asahi.com/gtjw
http://t.asahi.com/gtov



「その一人が一人に向って、〜〜〜というと、一人が〜〜〜と唄っていた。」
↑この2人は打てば響く応ずる関係。
 三四郎の場合、誰かに打たれても応じられないことが多いように思います。
 実は私も応じるのが苦手です。今まで数少ない打ってくれた人にすまないと思います。
 今後私にこのような人間関係が築けるのでしょうか。


「標題に大きな活字で「偉大なる暗闇(くらやみ)」とある。下には零余子(れいよし)と雅号を使っている。」
 ↑与次郎の活字デビュー!インターネットで誰でも文章を発表できるようになる前、自分の文章が活字になるというのはすごいことでした。私もいつかは私の文章が活字になればと夢見たものです。で、ブログやツイッターでの反応のなさを見て、実力不足を知ったのです。


「こうして輿論(よろん)を喚起して置いてね。そうして、先生が大学へ這入(はい)れる下地を作る……」
 ↑大風呂敷を広げたぞ。実現した夢は何でも最初は法螺だったのだ。その意気込みや良し。


「いや無勢力だから、実は困る」
「まあ好(い)いさ。書かんより増しだ」

 ↑私・荒馬紹介が論陣を張って輿論を喚起しようと思っても、吾がブログは無勢力だから、実は困る。
 まあ好いさ。書かんより増しだ。

続きを読む
タグ:三四郎
posted by うらなり三四郎 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

毎朝読む『三四郎』 14週目

朝日新聞で連載中の夏目漱石『三四郎』。
毎朝読んで感想をつぶやくつもりです。
(夜になるかもしれません。当然、掲載のない日はつぶやけません。)



 ↑参加しています。応援よろしくお願いします。


続きを読む
タグ:三四郎
posted by うらなり三四郎 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする