2014年11月17日

『三四郎』読書マラソン 8週目

夏目漱石「三四郎」あらすじ 32−36
http://t.asahi.com/gipl


 
夏目漱石「三四郎」(第三十二回)四の四
http://t.asahi.com/ggb0
http://t.asahi.com/ggbv


 
「君なぞは自分の坐(すわ)っている周囲方(ほう)二尺位の所をぼんやり照らすだけだから、丸行燈(まるあんどう)のようなものだ」
 ↑周囲をぼんやり照らしているだけでもすごいことです。私なんか自分自身がブラックホールや黒色矮星なんではないかと思ってるくらいです。
 今後、私にも周囲を照らすことができるようになるのでしょうか?

 
「小川君、君は明治何年生れかな」と聞いた。三四郎は単簡(たんかん)に、
「僕は二十三だ」と答えた。

 ↑明治23年生まれというわけでなく、年齢で答える。生年を聞かれて年齢で答えるのは先回りしたのか、ちぐはぐなのか。
 生年・年齢については4週目で書きました。
   http://sanshirou.seesaa.net/article/407457622.html


「二つ並べて見ると実に馬鹿気(ばかげ)ている。けれども誰も気が付かない、平気でいる。これが日本の社会を代表しているんだという。」
 ↑バランスが悪いとか統一感がないといった悪い意味で言ってるのでしょう。
 しかし、新しいものと古いものが違和感なく共存している、といういい意味でもあり得ます。
 要は、いい意味での共存ならいいのではないでしょうか。
 例えば、国際化とヘイトの共存などは真っ平ごめんです。


「三四郎は近来にない気楽な半日を暮したように感じた。」
 ↑与次郎や広田先生はいい道連れですね。
 こんな人になりたいものです。
 
続きを読む
タグ:三四郎
posted by うらなり三四郎 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。